ワルツはコンプレックスを持つ恋愛初心者だった?ワルツが彼女ができるまでに行った事とは?

ワルツはコンプレックスを持つ恋愛初心者だった?ワルツが彼女ができるまでに行った事とは?

どうも
ワルツです。
先日から恋愛ブログを立ち上げたところおかげさまで見て頂ける方が右肩上がりで増え、Twitterのフォロワー数も増えています。
「ワルツが彼女ができるまでに何をやったの?」
「ワルツって何者だよ?怪しいやつ?」
「モテ男と一緒で簡単に彼女が出来る人なんじゃないの?」
といった疑問が皆さんにあると思います。
そこで今回は皆様にワルツの自己紹介を兼ねて彼女ができるまでにやってきたことをお話していきます。
いろいろ回り道をしましたが、行動するにつれてブログでもお伝えしている「こうすればデートに誘える」「街コンの攻略法」など彼女ができるまでに必要なことを気づきました。

まずは本題に入る前に私の生い立ちと過去のコンプレックスについてお話します。

障害がコンプレックスとなり恋愛に億劫となる。

私は生まれつき病気を持っている障害者です。
障害者のほとんどは学校生活や就職といった他者と関わる場所では普通の人と同じように過ごす事ができません。
私の場合だと身体に負担のかかるスポーツができないため体育系の部活に入れませんでした。
元々スポーツに興味がない人だったら問題ないですが、私の場合は野球が大好きなので野球部に入れないのが悔しく仕方がありませんでした。
そしてここからがコンプレックスの始まりです。
「野球をしたくても病気のせいで野球ができない」という経験はコンプレックスとなりました。
何をするにして「障害」というのが邪魔をしてやりたいことなんてできない。

そう思うになりました。

そしてこのコンプレックスは恋愛に対しても思うようになりました。
「彼女がほしいけど、病気があるから無理だな」
今思うと何の根拠もない思い込みですが、コンプレックスが恋愛に対して億劫になっていました。

そして彼女のいない生活が過ごしていました。
しかし私も人間です。
彼女がほしいという欲求に抗う事ができませんでした。
「やはり彼女がほしい」という気持ちが段々強くなるにつれて合コンや街コンといった出会いの場に参加し始めます。
ただしここからがイバラの道でした。

街コンや合コンに参加するも全敗

彼女がほしいと強く思った私は街コンや合コンに参加し始めました。
大手街コンサイトの「街コンジャパン」ですぐに参加できる街コンを探したり、友達の伝手を頼り街コンに参加したりと今までとは打って変わって積極的に出会いの場に参加するようになりました。
これも「彼女がほしい」という思いが原動力となりました。
しかし残念ながら最初は街コンや合コンに参加するも前線全敗でした。
「LINEを送っても未読スルーされる」
「女性との会話が盛り上がらず、明らかに女性が楽しそうでない」
「合コンでの振る舞いが分からず1人だけ浮いている」
などなど思い返すとただ参加しているだけで何もできませんでした。
でも当たり前ですよね?
ある程度、恋愛経験がある人だったら「デートの誘い方」や「女性と話が続く話題」「合コンでの振る舞い」など彼女ができるまでに必要な要素を感覚的に身に着けていると思います。
ただ私みたいな恋愛初心者にはこういった経験がないので合コンや街コンに参加しても、どうすればデートにつなげられるか分からないまま時間とお金を無駄にするだけでした。
しかし私の場合はここから何度も街コンや合コンといった出会いの場に参加してモテる男性を分析するにつれて「どうすればデートにつなげられるのか?」「女性とはどう会話すればいいか?」といった彼女ができるまでに必要な要素を見つけ始めました。

まずは身だしなみをアップデートする。

モテる男性は身だしなみに力を注いでいます。
街コンや合コンに参加するにつれてモテる男性の多くは服装、髪型、美容、この3つに重点的に力を注いでいる事が分かりました。
たしかにその時の私は身だしなみにそこまで気を使っていませんでした。
そこでまずは手っ取り早く身だしなみをアップデートできる「服装」「髪型」に力を注ぐことにしました。
まず服装ですが、これまで服装はどうすればオシャレになるのかが分からず、自己流のオシャレをしていましたが、思い返すとゾッとします。
謎の柄が入ったシャツにデニムという、明らかにダサイ服装をしていました。
そこでまずは合コンや街コン用の服装を一新するためにユニクロやAZUL、nano universeなどのお店で服を買いまくりました。
たぶん一時期だけで20万円くらいは服に使ったと思います。
ただ今これを読んでいる読者の方は安心してください。
オシャレになるのに20万円もいりません。
私の場合はどれを買えばオシャレになるのかを考えながら服を買っていたので20万円もかかりましたが、普段からみなさんにお伝えしているモテコーデは無駄なものを買わないように厳選したアイテムを紹介しています。
ちなみにユニクロはちょくちょく登場します。笑
そんな努力の甲斐もあってか、今では周りの方から「オシャレだね」とちょくちょく言われるようになりました。
そして次に髪型ですね。
これまでも美容院で髪を切っていましたが、ワックスの付け方、つまりスタイリングの仕方が下手だったのでせっかく似合う髪型に切ってもらっても活かすことができませんでした。
そこでこちらも服装のときと同じように自分に似合うワックスを買い漁りました。
そしてドライヤーを使ったブローの仕方や、ワックスの付け方を勉強しました。
鏡の前でワックスをつけながら、あーでもない、こうでもないと練習していた日々が懐かしいです。
おかげさまで美容師の方に「セット上手だね」と褒めて頂きました。

さて「服装」と「髪型」に力を注ぎ身だしなみをアップデートしたことでようやく出会いの場で戦えるスタートラインに立つことができました。

雑談力を身に着けるためにカフェ会や交流会に参加する。

次に私が行ったのは初対面の女性と普通に会話できる「雑談力」を身に着けることです。
ここでいきなり女性と会話を積み、女性と普通に会話できるようになれば最短で女性との会話する力はつきます。
しかし今まで彼女がいなかった人間に女性と会話できる機会なんて早々あるものでしょうか?
そこで私はまずは初対面の同性(男性)を練習台として「雑談力」を身につけることにしました。
とにかく初対面の男性と会う機会を作るために私が行ったのはネットでよくある「カフェ会」や「交流会」に参加することです。
カフェ会とは「色々な人と話したい、友達がほしい、趣味仲間がほしい」といった人たちを対象にカフェ(だいたい喫茶店)で行われる交流会です。
人数は規模によりますが、だいたい10名~20名くらいで大規模なモノだと30名以上となります。
このカフェ会だと初対面の人とたくさん話せると考え、街コンや合コンに参加しつつカフェ会に参加するようにしました。
ここでは本当に多くの方とお話させて頂き、初対面の人と話せる「雑談力」を身に着けることができました。
中にはカフェ会だけでの付き合いに終わらず、一度食事をしたり遊びに行ったりした方もいました
少し話が脱線しましたが、カフェ会では「雑談力」を身に着ける一方で行っていたことがあります。
それは「彼女がほしい」というアピールをカフェ会で出会った方に伝えることです。
なぜ同性(男性)にアピールするのか?
それは「彼女がほしい」とアピールすることで合コンに呼んでもらえる可能性ができるからです。
もしあなたが合コンの主催者で急にメンバーを探すことになったとします。
このとき「彼女がほしい」とアピールしている友人がいたら声をかけようと思いませんか?
そのためにカフェ会に限らず、友達や知り合いに積極的に「彼女がほしい」とアピールしていきましょう。
もちろん「彼女がほしい」とアピールするだけではいけません。
合コンに呼んでもらえるように打算的なことは一旦置いて信頼関係を結ぶことに力を注ぎましょう。

普通に友達を作る感覚で接すればいいです。

出会いの場で知り合った方とデートできるようになる。

さて「服装」「髪型」「雑談力」といった身だしなみと内面を磨いたことから街コンや合コンで出会った女性との会話が弾むようになりました。
また身だしなみをアップデートしたこともあり、恋愛対象として見て頂く事になったため街コンや合コンで知り合った方とデートできるようになりました。
しかし彼女ができるまでには攻略しなければならない事がありました。
「2回目、3回目のデートに繋がらない」
「女性が喜ぶデートプランが立てられない」
といったデートでの問題点が今度は出てきました。
ただこちらも分析を重ねて「どうすれば女性が満足できるデートプランが立てられるか?」「気になる異性として見てもらえるのか?」などやり方を身に着けました。
こういったデートでの問題点もブログではお伝えしています。
そして何度も失敗と女性たちとのデートを重ねて自分をアップデートしていくうちに彼女ができました。
長かったですが、今では本当に頑張ってよかったと思います。
彼女がいるようになり生活はより充実しています。
そして「恋の力で人は変われる」と皆さんに伝えたいです。
彼女が出来たことで自分自身の自信につながり、プライベートはもちろん仕事でも活躍できるようになりました。
出世もしました。
彼女がいて後悔したことは一度もありません。
彼女に出会い、自分は見違えるほど変わりました。
この「恋の力で人は変われる」は皆さんにも必ず当てはまります。

当ブログは私と同じような恋愛初心者をサポートします。

これまでお話してきたように数々の経験を通して彼女ができるまでの方法を身に着けることができました。
しかしそこに辿り着くまで回り道をしました。
今この記事を読んで頂いている方にはそんな回り道はせずに最短ルートで彼女を作ってほしいと思います。
そのための当サイトは「恋愛が苦手な方」「好きな人がいるけどアプローチの仕方が分からない方」といった恋人がほしいけど方法が分からない方を対象に恋愛ロジックとファッションやコスメといった外見を磨く方法の紹介をしています。
私が紹介する方法は感覚的なものではありません。
論理性を重視した方法であり、皆さんが実践して効果が出る再現性の高いものであると自負しています。

今もし好きな人がいるなら感覚的なやり方で彼女にアプローチしないでください。
感覚的なやり方で、当たって砕けろでアプローチしてフラれたら、あなたは納得できますか?後悔しないですか?
私だったらもっと考えて勝算のある論理的なアプローチしようと思います。

安心してください。
きちんとした戦略があれば誰でも彼女はできます。
そのためのサポートは私ワルツにお任せください。

皆さんから恋愛初心者の肩書が取れて彼女ができるようにサポートします。

ワルツとは?カテゴリの最新記事