女性好感度が上がる車道側を歩かせない気遣いをわざとらしく見えずにできる方法とは?

女性好感度が上がる車道側を歩かせない気遣いをわざとらしく見えずにできる方法とは?

どうも

ワルツです。

レディーファーストとか女性への気遣いとかよく出てくる「女性に車道側を歩かせてはいけない」問題についてのお話です。

結論から言うと男の方が車道側になるように気遣いはすべきです。

そもそも車道側をなぜ歩かせてはいけないのか?

当たり前ですが車道側は車に引かれる危険性があります(柵があるか、ないかでだいぶ違いますが)

なので女性を守るという意味でも男性が車道側を歩くべきであり、その方が女性からしても好印象を持たれます。

男女論を語るつもりはないですが、一般的には男性は女性を守るという意識がついているので女性を危険から守るのは当たり前であり、できないのは気遣いができないのと同じと判断されかねません。

もちろん全ての女性に当てはまるわけではないですが、気遣いをやっていて損はないです。

では車道側を歩かせないといってもわざわざ女性の周りをウロチョロして車道側に回り込んではわざとらしさが出てしまいます。

じゃあどうすればいいか?

私がやっているやり方は2つあります。

1つ目は店を出たタイミングなどで始めから車道側を歩く。

これなら最初から車道側を歩くようになるので違和感なくできます。

慣れていない人はこっちの方がハードルが低くてオススメです。

2つ目は「そっちは危ないよ」と言って自分の側に近づけ自分が車道側に移動する。

こっちは女性をリードする感じです。

1つ目に比べてハードルが高いですが、こっちは女性側にはっきりと「危険から守ってくれている」と思ってもらいやすいので、出来そうならこっちの方がオススメです。

車道側を歩かせないのはデートではもちろんですが、普段から女性と歩くときにやって慣れていきましょう。

当ブログは恋愛が苦手な方、好きな人がいてもアプローチする方法が分からない方を対象に0から彼女ができるまでサポートする恋愛指南書です!

皆さんには私がしたような回り道をせずに彼女を作ってほしいと願っています。

彼女やパートナーがいる人といない人の差は何なのか?
それは恋愛をする努力をしているか?が差になっているだけです。

巷には恋愛本が無数にあります。

役に立つものや「その方法大丈夫?」といった内容が混在しておりますが、
当サイトのように再現性を突き詰めた恋愛指南書はほぼないでしょう(おそらく0だと思います)

そして他の恋愛情報と違うのはテクニックだけでなくモテるアイテムの紹介や街コン、合コンでの振る舞い、そして恋愛に関係する心理学の紹介といったトータルサポートを行っています。

恋愛は努力次第で何とでもなります。

そして安心してください!
本サイトでは恋愛が苦手な方、好きな人がいてもアプローチする方法が分からない方を対象に0から彼女ができるまでサポートする恋愛指南書です!

皆さんに彼女ができるまで徹底的にサポートしますので、恋愛を楽しんで彼女を作りましょう。

恋愛の悩み/疑問カテゴリの最新記事