相席屋やJISで女性と仲良くなる会話術

相席屋やJISで女性と仲良くなる会話術

どうも

街コンや合コンと同じく出会いの場として相席屋やJIS(ジス)があります。

相席屋やJISは店に入りテーブルに着いた瞬間から相席がスタートして交流が始まりました。
しかし中には「最初はどんな話題から始めたらいいか分からない」や「どうすれば仲良くなれる?」といった声を聞きますので今回は相席屋やJISで女性と仲良くなる会話術をお話していきます。
相席がスタートしてから席を立つまでを3段階のステップに分けて説明していきます。

STPE1:オープンニングトークは自己紹介を交えながら会話する。
「どこから来たの?」
「名前は何て言うの?」
「仕事は何しているの?」
「二人は友達同士?」

といったように相手の情報を引き出す質問をしてまずは相席になった女性がどんな人なのかを知る感じの質問をしましょう。
ただここで注意すべきは質問ばかりして自分たちの事を話さないのは避けましょう。
相手の女性が答えたら今度は自分たちの事を話すといったように会話キャッチボールを意識しましょう。
※「そっちは?」といったように相手の女性が聞き返してくる人だと楽ですが、まずは自分たちが会話をリードするようにしましょう。
ここで女性の反応が乗り気じゃなく悪かったり、タダ飯目的で話す気がない、テンションや雰囲気が自分たちと違いすぎる場合は時間の無駄なので店員さんにテーブルチェンジを頼んで違う席に変えてもらいましょう。

STPE2:相手のその日の行動を探りながら次につなげそうかを確認する。
「今日は何目的できたの?」
といったダイレクトな質問はやめましょう。
「出会いがほしく来ましたー」「タダ飯目的で来ましたー」とはっきりとは女性は言いにくいです。
ではどうすればいいか?
「ここに来る前はどこか行ってたの?」
といった質問をして「スカイツリーに行ってきました」や「〇〇といったスポットに行ってました」と答えが返ってきた場合は少し探りを入れましょう。
その女性たちは観光客での食事代を浮かすためにタダ飯ができるJIS、相席屋にきた可能性があります。
あなたが出会い目的で来たのならの観光客相手にいくら会話をしても次につながる可能性はほとんどありません。
先ほどお話したように店員さんにテーブルチェンジを頼みましょう。
他には「違う店で飲んでから来ました」や「〇〇で買い物してから来ました」と答えた場合は出会い目的できている場合があるので「彼氏はいるの?」
を聞きながら合コンやデートにつなげるようにしましょう。
趣味や行ってみたいところ、気になるお店を聞いて一緒にどこかに行く約束をするのも次につなげる方法の1つです。

STPE3:クローズトークでは次につなげる終わり方を意識しましょう。
飲みに行くことやデートに行くこと、合コンを開くことでも構いません。
次につながる約束をその場でつけましょう。
そうじゃないとLINEを交換できても自然消滅したり、すぐに相手の女性からスルーされたりする場合があります。
ちなみにその場にいたメンバー全員で飲み会に行くでも構いません。

以上、JISや相席屋に行った時に女性と仲良くなる会話術でした。

JIS攻略法カテゴリの最新記事