投資(マネー)

株式投資を始める人にオススメの本7選!!投資歴5年の私がバイブルを教えます。

どうも

「これから株式投資を始めるけどオススメの本はある?」

って聞かれることがあるので投資歴5年の私がオススメの本を紹介していきます。

今回はこれまで多くの投資に関する書籍を読んできましたが
その中でも何度も読み返している私の投資バイブルの一部を紹介します。

オススメ①:「インベスターZ」

私が株投資を始めるキッカケとなった書籍で今ではバイブルになっています。
こちらはドラゴン桜の著者である三田紀房さんの漫画です。
簡単にあらすじを紹介すると

「お金って何だ?
創立130年の超進学校・道塾学園にトップで合格した財前孝史。
入学式翌日に、財前に明かされた学園の秘密。
各学年成績トップ6人のみが参加する「投資部」が存在するのだ。
彼らの使命は3000億を運用し、8%以上の利回りを生み出すこと。」
※amazonの書評より抜粋

ストーリーを通して株投資の基礎知識からテクニックまで学べる内容となっています。
漫画とはいえ侮るなかれ専門書に負けないほど、いや分かりやすさと濃さでは専門書以上の内容となっています。
巻末の著名起業家や投資家へのインタビューも内容が濃く非常にオススメです(^o^)
単行本が出ると発売日に買っていた非常に楽しみな漫画だったので全21巻で連載を終えております。

これから株式投資を始める方、株投資で悩んでいる方に特におすすめです!!

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCZ-1-%E4%B8%89%E7%94%B0%E7%B4%80%E6%88%BF-ebook/dp/B00F4PDB3E/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC&qid=1567921569&s=gateway&sr=8-1

 

オススメ②:「投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識」

こちらはハワード・マークス氏の著書です。
株式投資を始めたばかりの初心者がやりがちなのは「高値掴み」などミス(リスク)をしてしまうことです。
本書はリスクを抑えながら勝つために大切なことが書かれています。
特に私が気に入っているのが「市場参加者と異なる見方をする大切さ」を書いた1章です。
こちらは逆張りにも近いですが、市場が慌てふためいた時に正しく行動するすべが書かれております。

https://www.amazon.co.jp/投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識-ハワード・マークス/dp/4532355397/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1534756640&sr=8-1&keywords=%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

オススメ③:「稼ぐ人が実践している お金のPDCA」

著者:冨田 和成
内容:こちらは
お金について急激に行動やマインドが変わってきています。
クラウドファンディング、民泊、カーシェアリング、スキルシェアなど、お金を生み出す選択肢が広がったことで、お金のことを真剣に考え、行動したことによるリターンの可能性は段違いに大きくなりました。
人生100年時代の中、この変化の波に乗って一気に前進するのも、その波に押し流されてしまうのも、波に乗らずに傍観しているのも、「情報の非対称性」がますます広がる「お金のリテラシー」をどれだけ身につけているかによります。
本書は「そんな方法があるんだ」という発見と、「自分もやってみようかな」と思ってもらえるきっかけを提供するためにまとめたものです。

http://URL:https://www.amazon.co.jp/稼ぐ人が実践している-お金のPDCA-冨田-和成/dp/4046020555/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1542026563&sr=8-1&keywords=%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%AEpdca

オススメ④:「テクニカル分析 最強の組み合わせ術 」

著者:福永 博之
内容:テクニカル指標にはそれぞれ強みと弱みがあります。
あるひとつの指標に頼ったのでは、
売買判断にも限界が出てしまうのです。

だからこそ「組み合わせ」が重要です。

指標を組み合わせ、
弱点を補い合うことで「ダマシ」の回避につながります。

本書は、

●テクニカル分析の基本的考え方
●トレンド系指標・オシレーター系指標の強みと弱み
●局面・トレードスタイル・銘柄規模別の最適な組み合わせ術

……を豊富な事例とともに説明していきます。

https://www.amazon.co.jp/テクニカル分析-最強の組み合わせ術-福永-博之/dp/4532357594/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1542026639&sr=8-4&keywords=%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB

オススメ⑤:「藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?」

著者:藤野英人
内容:日本有数の投資ファンド「レオス・キャピタルワークス」の代表藤野英人さんの著作です。
本書はドラえもんの秘密道具を使って「もしも秘密道具が実際に出来たら出てくるビジネス、そして衰退するビジネスは何か?」と
ビジネスシミュレーションの考え方を説明した書籍です。
影響を受ける実在する企業について
少し先の未来に対して投資をするという投資先を選ぶ上での考え方を学習できます。

余談ですが、この記事を書いているとき私の頭の中ではドラえもんの歌がヘビーローテーションされています。笑

https://www.amazon.co.jp/藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか-藤野-英人/dp/4484152169/ref=sr_1_14?ie= UTF8&qid=1534757967&sr=8-14&keywords=%E8%97%A4%E9%87%8E%E8%8B%B1%E4%BA%BA

オススメ⑥:「ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け」

著者:ピーター・リンチ
内容:米国の伝説級の投資家ピーター・リンチの著作です。
プロの投資家に比べ個人投資のほうが市場を戦う上では優位性を持っている事を著者は述べています。
特に私が参考になったのは「有望株は普段の生活の中に存在する」という考え方の部分です。

https://www.amazon.co.jp/ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け-ピーター-リンチ/dp/4478630704/ref=sr_1_1?ie= UTF8&qid=1534759262&sr=8-1&keywords=%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81

オススメ⑦:「ツキの正体―運を引き寄せる技術 」

著者:桜井章一
内容:麻雀界で二十年間「代打ち」として超絶的な強さを誇り、“雀鬼”の異名をとった桜井章一さんの著作となります。
内容は投資そのものとは無関係ですが、投資をしていると株を買って数日後に市場の暴落などの外的要因に
「タイミングが悪かった。ツキがない」と片付けてしまう
「これは!!」という思う投資先に出会うことが

https://www.amazon.co.jp/ツキの正体―運を引き寄せる技術-幻冬舎新書-桜井-章一/dp/4344981677/ref=sr_1_2?ie= UTF8&qid=1534758391&sr=8-2&keywords=%E6%A1%9C%E4%BA%95%E7%AB%A0%E4%B8%80%E3%80%80%E3%83%84%E3%82%AD

以上となります。
これら以外には良書はたくさんありますので
是非とも書店に行って探してみてください(^^)/

※注意事項
当記事で紹介している内容は現在公開されているデータをもとに個人的見解を述べているため
取引を推奨するものではございません。
つきましては取引に伴う結果に対しては自己責任でお願いいたします。
当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は一切認めておりません。