恋愛

街コンに1人で参加するときのメリット、デメリットを紹介します。

どうも

今日は初めて1人で街コンに参加する人が持つ疑問について解説します。
「街コンは1人で参加しても大丈夫だろうか?」
街コンに参加したくても周りは恋人がいる友達ばかりで一緒に行く人がいないという方もいるでしょう。
「それなら1人で街コンに参加しよう!」
と思っても実際のところ街コンに1人で参加しても大丈夫だろうか?と疑問を持ちますよね?
結論から言うと制限事項にない限り1人で参加しても大丈夫です。
ただデメリットがいくつかあります。

1人参加のデメリット

①ぼっちになる可能性がある。
「1人参加限定」以外の街コンは女性も男性も2人以上で参加している方が多いです。
だいたい2対2で話している方が多いです。
友達と来ているのに1人参加の人と話すと一緒に来ている友達が手持ち無沙汰になる可用性があるので男1対女2で会話している人は少ないです。
そのため1人で参加するとぼっちになる可能性があります。
実際に私が参加した街コンでも1人で来ている男性は手持ち無沙汰になっていました。

②友達のサポートがなく自力で頑張るしかない。
一人で参加すれば、男性とは1対1で会話をしなくてはいけません。

コミュニケーションに不安がある人は、ちょっと心配になるかもしれませんね。友達が一緒であれば上手にフォローしてもらうことも可能ですが、一人参加は初対面の人と会話するのが得意でなくても、自分一人の力で何とかするしかありません。

1人参加のメリット

さてデメリットを先に説明しましたが、もちろんメリットもあります。
ここからは1人参加のメリットについて説明していきます。

①経験値が上がり成長できる。
1人で参加すると女性に話しかける、話題をふる、制限時間の使い方などを全て自分1人でやるので友達と一緒に参加するよりも経験値が上がります。
自分から行動しないと女性とほとんど話せずに終わってしまうかもしれません。
デートしたいと思った女性がいたら自分から話しかけて連絡先を聞かないといけません。
初めて1人で参加するときは緊張すると思いますが、自分を成長させる意味でも一人参加はオススメです。

②自由に行動できる。
友達と参加するとなると参加する街コンの種類を2人で決めるので自分の希望が完全に通らないかもしれません。

あなたは年上の恋人がほしいので参加者の年齢層が年上の街コンを選びたくても友達が年上の恋人は嫌であれば、参加者の年齢層がどちらにも対応できる街コンを選ばないといけません。

しかし1人であれば「年上彼女、年下彼氏限定」の街コンにも参加できます。

③一人参加限定の街コンに参加できる。
街コンの中には1人参加限定の街コンがあります。

通常の街コンと同じくだいたい15分毎に男性が別の席に移りどんどん相手と話していく着席形式のものや自由に相手と話せる立食形式のものがあります。

②と近いですが、1人参加限定の街コンにも参加できるメリットがあります。

いかがでしょうか?
1人参加も悪くないと思いませんか?
最初は緊張するかもしれませんが、1人だと自分から行動しないといけませんので経験値

ぐっと上がります。

個人的には1人参加というのは非常にオススメです!

以上、本日はここまで